埼玉大学 教職大学院とは

教育実践力高度化コース
発達臨床支援高度化コース の2コースを通して、
●理論と実践の往還
●教科指導の高度化
●組織マネジメント・リスクマネジメント能力の向上
●特別支援・カウンセリングに強い教員の育成
を目指します。

 

目指す教師像

●学び合い、学び続ける教師の同僚性に基づきながら、協働で学校と教育の課題に迅速に対応できる組織マネジメント・リスクマネジメント能力と、そのリーダーシップを備えた教員。

●教育実践についての高い即戦力性を身につけて、将来的にミドルリーダーとしての役割を果たしうる新人教員。

   

課題研究と実地研究の往還

◆現代の教育課題の解決をめざした実地研究計画の立案
◆自らテーマ設定し探求を進める課題研究と、各種フィールドワークを取り入れた実地研究(教育実習)との往還的な学び
◆附属学校や協力校と連携した研究
◆現職院生の実地研究Ⅰは、研究テーマに関連する多様な場(学校、学会、研究会等)でのフィールドワークを自ら選定
◆現職院生の実地研究Ⅱは、勤務校を活用し大学教員が訪問

 

専修免許状が取得できます

教育実践力高度化コース

■小学校教諭専修免許状

■中学校教諭専修免許状

 国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、保健、技術、家庭、英語

■高等学校教諭専修免許状

 国語、地理歴史、公民、数学、理科、音楽、美術、工芸、書道、保健体育、保健、看護、家庭、情報、農業、工業、商業、福祉、英語

発達臨床支援高度化コース

■小学校教諭専修免許状

■中学校教諭専修免許状

 国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、保健、技術、家庭、英語

■高等学校教諭専修免許状

 国語、地理歴史、公民、数学、理科、音楽、美術、工芸、書道、保健体育、保健、看護、家庭、情報、農業、工業、商業、福祉、英語

■特別支援学校教諭専修免許状

 知的障害者、肢体不自由者、病弱者

 

入学にあたって

■教員採用試験(埼玉県・さいたま市等)に合格した場合は、猶予制度を活用して入学できます。
■教育実績を重視した特別選抜を実施します。
■入学後は、最新のICT 設備を設置した環境が、あなたを待っています。

 

コース紹介

教育実践力高度化コース
教科指導力の向上 組織マネジメント力の育成 学校改革、地域連携のリーダー

発達臨床支援高度化コース
特別支援学校での実践力の向上 通常学校・学級における特別支援教育の
授業づくり 生徒指導・教育相談に関する専門性の向上

ページの先頭へ