<障がい等のある入学志願者の事前相談について>

 
本研究科に出願を希望する者で、身体等に障がいがあり、受験上及び修学上特別な配慮を必要とする場合は、出願に先立ち、次により本学へ事前相談の申請を行うこと。
なお、不明な点又は事前相談の締切日までに申請することができない場合には事前相談担当まで問い合わせること。
事前相談担当:教育学部支援室 電話048-858-3144(平日9時~17時)
 
1.申請方法
申請する場合は、次のを【〒338-8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 埼玉大学教育学部支援室】あてに提出すること。郵送の場合は、「受験上及び修学上の配慮申請書類在中」と封筒に朱書すること。
提出された書類に基づき、本学関係者で検討を行う。ただし、検討の過程において、本人、保護者又は出身学校関係者へ照会する場合がある。 
 

平成30年度埼玉大学入学者選抜試験受験上及び修学上の配慮申請書(本学所定の用紙)

申請用紙は、教育学部支援室の窓口で直接受け取るか、埼玉大学ホームページからダウンロードして入手すること。


医師の診断書(障がいの程度及び必要とする具体的な措置等を記載したもの)
発行後6ヶ月以内の原本
 
2.申請書提出時期
出願時期に応じて以下の期間内に申請すること。
【第1期】平成29年6月19日(月)から平成29年6月23日(金)
【第2期】平成29年9月22日(金)から平成29年9月27日(水)
 障がいの程度が重度な場合には対応の検討に時間を要することもあります。その場合にはできるだけ早めに申請すること。なお、上記の締切日以降を過ぎた時点で申請した場合は、出願受付期間前に回答することができないことがある。その場合には、要望事項等への回答が来る前であっても出願受付期間内に出願する必要があるため、出願後に希望した措置の可否が通知されることとなる。(出願受付期間を延長することはできない)
 
3.申請受付後の回答日
出願受付期間開始日の前日(予定)
提出された書類を元に、ご希望の措置が実施できるか本学関係者が検討を行い、支障がないことを確認した時点で、上記①の配慮申請書に記載されている住所あてに、回答文書を郵送する。そのため、上記の回答日はあくまで予定日となる。
 
4.出願時の手続
(1) この申請で受験許可を得た者は、出願書類を郵送後、その旨を上記の事前相談担当に電話連絡すること。
(2) この申請で受験許可を得た者が、出願を辞退、若しくは出願したが受験しない場合は、速やかに上記の事前相談担当に電話連絡するとともに、はがき又は手紙で通知すること。
 
 
 

▶ 募集人員 / 出願資格 / 本研究修士課程との併願 / 出願期間・試験日程等

▶ 出願書類及び入学検定料 / 出願書類の請求及び提出先

▶ 一般選抜試験受験科目等

▶ 入学手続

▶ 大学院長期履修学生制度

▶ その他

▶ 障がい等のある入学志願者の事前相談について

 

ページの先頭へ